アドセンス5

Top > 家庭教師が書いた本

家庭教師が書いた本

現役のプロの家庭教師の中には、いわゆる「カリスマ家庭教師」、とも言うべき人たちがいます。彼らの中には家庭教師として素晴らしい実績を上げた上で、自らの経験や、家庭教師としてのノウハウを本に著している人もいます。東京大学に長年に渡って多くの生徒を合格させていて、自らも東京大学出身の家庭教師が書いた本などもあり、十分一読の価値はあります。こういった家庭教師が書いた本は、記憶術に関する内容のものが多いのですが、何となく偏差値が非常に高い優秀な子供向けのスーパー記憶術で、「レベルが違いすぎて、凡人には活用することは無理」と敬遠されがちです。しかしいったん目を通してみると、実際にはそこまで超難関校を目指している生徒でなくても、受験勉強に十分活用できることも書いてありますし、受験に向けての勉強方法について、目からウロコで納得させられることもあります。参考書や問題集、資料集の選び方についての本もあります。塾の講師では、ここまで細かい指導はしてくれないであろうと思われる、テクニックなどの記述もあります。また、自分をコントロールできない生徒は家庭教師の方が向いている、と唱えた本もあり色々読んで見ると、各家庭教師の個性が浮き彫りになってきて本当に面白いジャンルの書籍だと言えます。これらの記憶術、参考書の選び方、ノートの取り方などは、家庭教師をつけていなくて、進学塾に通っている子供にも十分に役に立つことです。是非一度目を通して見て下さい。
アドセンス6
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
家庭教師の評価(2009年5月11日)
北海道の家庭教師(2009年5月11日)
家庭教師が書いた本(2009年5月11日)
幼児向け家庭教師(2009年5月11日)
家庭教師とフリースクール(2009年5月11日)