アドセンス5

Top > 家庭教師とフリースクール

家庭教師とフリースクール

子供が不登校になってしまった場合の解決策や打開策、学業の遅れに対する対応策として、フリースクールが上げられます。不登校の子供は、学校に行っていませんので、同年代の子供たちとの交流や、団体での生活から遠ざかりがちです。そのためフリースクールで同じ境遇の子供たちと時間を伴にすることは、大きな意味を持ちます。ではどんな子供に対しても、不登校の場合にはフリースクールが適しているのか、と言えば決してそうではありません。子供の置かれた状況によっては家庭教師の方がいい場合もあるのです。それはまず、不登校にはタイプと段階があるのです。人間関係を築くのが苦手で不登校になってしまった、いじめが原因で学校へ行かなくなった、教師との関係が悪い、など学校に行かない理由はさまざまですし、不登校になったばかりの生徒と、もう数年間学校に言っていない子供とでは状況が全く違います。フリースクールでは、できる限りその子供の個性を大切にしてはくれますが、どうしても数人で指導を受けることが多くなってしまいます。その点家庭教師ですと、本当にその個人に応じた指導を行ってくれますので、学校には行きたくないが勉強は大好きで、受験にもチャレンジをしたいと言う子供は、フリースクールに行くよりも家庭教師について学習をしながら、少しずつ立ち直っていく道を選んだ方がいいでしょう。ただし、家庭教師と言っても、通常の学生につく家庭教師とはちょっとその立場は違います。不登校の子供を専門に指導している家庭教師の場合、勉強だけでなく、子供の心に寄り添って、子供の訴えや心の声を聞くための指導も受けていますので、安心して任せることができます。家庭教師とともに勉強をしながら心をケアし、結果として家庭教師の存在が学校に戻る為のきっかけになれれば、本当に理想的だと言えるでしょう。
アドセンス6
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
家庭教師の評価(2009年5月11日)
北海道の家庭教師(2009年5月11日)
家庭教師が書いた本(2009年5月11日)
幼児向け家庭教師(2009年5月11日)
家庭教師とフリースクール(2009年5月11日)